オンラインカジノのライセンス

4月 30, 2024

オンラインカジノのライセンスについて。

1オンラインカジノのライセンス
2ライセンスの違い
3第三者機関
4その他の監査機関

1オンラインカジノのライセンス

オンカジ全般の解説

オンラインカジノというと世界的にみると数千もあるようです。それだけあればちゃんと運営をしてないカジノも多く存在するわけです。上場会社のオンカジもありますが出金がされないオンカジもあります。

悪質なオンカジから利用者を守る制度としてうまれたのがラインセンス制度です。同時に健全な運営をしているオンカジを守るためでもあると思います。悪質なカジノのせいで健全なオンカジがわりを食ってはいけません。

この記事ではライセンス制度がどのようにオンラインカジノ業界の健全化を支えているのかを解説していきます。ライセンスだけにとどまらず第三者機関の監査の影響も大きいと思います。

ライセンス機関の監査や第三者機関の監査のおかげで不正が行われていない状態に保たれています。新しいオンカジで遊ぶときにはライセンスがあるなど監査がある程度厳しいオンカジを利用するのが悪質な被害に合いにくいコツだと思います。

利用者としても厳しい目線で利用するオンカジを選んでいかないといけません。オンカジの運営会社や決済会社やゲームの納入会社ライセンスを発行している行政や第三者機関などオンカジをプレイするだけで様々な会社と関わっています。

まずオンカジというのはライセンスを所持していないと運営国でも合法ではありません。どこの国でもそうですがカジノなんて一つの企業がかってに作っていいものではないです。

少なくともその国でラインセンスを受けていないとその許可すら持っていないわけです。ライセンスを取得せずに運営しているオンカジなんて出勤できなくても仕方ないようなカジノです。

まずオンカジを選ぶ場合には少なくともライセンスを持っているかが基準になると思います。次にライセンス国によって監査が厳しいところとそうでないところがありますので。

2ライセンスの違い

できれば厳し目のライセンス国のほうが安心です。ライセンスを持っているというのは審査を通過していますし多額のライセンス料に耐えられる財政状態であるのだと思います。

ライセンスを取得していないようなカジノで遊ぶのは詐欺にあってもしかたないレベルと認識したほうがいいと思ったほうがいいでしょう。次にらいせんすさえあればどこでも安心とは思えないことがあるという問題です。

お金だけ払っていれば監査をしない国もありますし自国のライセンスの権威を保つために厳しい監査をして通過したオンカジだけを認定している国もあるのです。

診査の厳しいライセンスとして一番挙げられるのはマルタライセンスになります。一番厳しいと言われるマルタ共和国のライセンスです。ライセンスを取得したからといって安心ではなく抜き打ち検査をしまくりです。

マルタライセンスは5年有効ですがその途中の監査で引っかかるとライセンス剥奪となります。特にこだわりがなかればマルタライセンスのオンラインカジノを利用するといいです。

ただ最近は最大入金額や最大出金額の自由度仮想通貨が入出金に使えないので自由度が低いと判断して他のライセンスに切り替えるオンカジも多いです。安心と制限は紙一重でもありますので。

最近多いのがオランダ領キュラソー島のライセンスです。ここもライセンス発行を初めて20年以上の歴史があります。ここは入金方法や出金方法で自由度もありますし監査も厳しいです。

監査では利用者のゲームのプレイデータを提出させて不正がないかを確認しているようです。カナワケというところのライセンスもあります。こちらもライセンス管理はしっかりしています。

3第三者機関

有効期限は2年と短めで更新のたびに監査はしています。ユーザーからの苦情をオンカジにあげることもしているので信頼のライセンスではあると思います。ジブラルタルライセンスもかなり権威の高いものです。

運用履歴がほぼないようなカジノでは取得できないライセンスというのは言われています。ライセンス料もかなり高いらしいので運営による経済基盤も求められます。

ジブラルタルライセンスを持っているオンカジは経営基盤が盤石なオンカジと判断してもいいとは思います。ライセンスがあるカジノは取得時の診査だけでなく監査もあったりもします。

それに加えて監査をしているのが第3者機関と言われています。第3者機関の監査を受けているオンカジのほうがより安心というのはあると思います。有名な第三者機関というとまずイーコグラがあげられます。

公正なゲームがしっかりされているか。利用者の苦情があれば対応しているか。出金の依頼は適切に支払われているかなどをみています。イーコグラは20年の歴史があるNPOになるようです。

20年の歴史もあるので審査内容が多岐にわたりしっかりと監査をしているという点でも安心できる機関です。どこのオンカジでもまず何かは修正をさせられるという状態になっているようです。

イーコグラが監査をしているオンカジでトラブルがある場合にはイーコグラに相談して改善をはかってもらうという方法もあるようです。うまくそのあたりも活用していくのがいいですね。

4その他の監査機関

GLIという機関もあります。Gaming Laboratories Internationalの略です。主にゲームに不正がないかをみているようです。自己規制プログラムの適切性もみているようです。

ここももともとはTSTという組織があってGLIに組み入れられた形で30年以上の歴史があります。オンカジだけでなくランドカジノの適切性なども監査しているようです。

こちらもゲームで不正がないかを確認していて世界のカジノの9割はここの監査で運営がされているようです。GLIの監査がはいっていれば安心して利用もできるのではないでしょうか。

iTech Labsというところもゲームの適切性を監査しています。こちらはオンラインカジノを含めたゲームの監査機関です。テュフ コンプライアントは製品などを含めた監査機関になります。

医療機器や自動車業界など幅広いジャンルで監査をおこなっています。GAMCAREはギャンブル依存症対策をを行うイギリスの民間団体です。ギャンブル依存症に悩む人のカウンセリングをしています。

GAMCAREのロゴがあるオンカジはギャンブル依存症対策に力をいれていて自己規制プログラムなどが備わっているオンカジです。GAMCAREはそういった部分での監査をしているようです。

オンラインカジノでは負けていると今でもイカサマを疑う人はおおいですがゲームの納入会社もしっかり監査をうけています。監査を受けていないゲーム会社も中にはありますのでそういったオンカジは避けたほうがいいでしょう。

1ライセンスがあるオンカジのほうが安心と言えます
2ライセンスの違いは監査の厳しさにあります
3第三者機関はNPOなどが多いですが監査はしっかりです
4その他の監査機関としていろいろな機関が関わっています。