オンラインカジノその他

信用できるオンラインカジノについて。オンラインカジノというと信頼性のない詐欺の可能性があるものもあります。この記事では国がライセンスを与えている安心のカジノだけを取り扱っています。国がライセンスを与えていると言っても監査が厳しいかというと様々です。この記事では監査の厳しいライセンスを取得しているオンラインカジノだけを厳選しました。

クイーンカジノ
ミスティーノ
エースカジノ
ベラジョン
ジョイカジノ
テッドベット
スロットバイブ
プレイワールドカジノ
トラストダイス
フレッシュカジノ
遊雅堂
カジノシークレット
エルドアカジノ
インターカジノ
カジノデイズ
ピナクルカジノ
エンパイアカジノ
スポーツベットアイオー
カジノエックス
コニベットカジノ
ウィリアムヒル
ロトランド
ビットカジノ
ライブカジノハウス
ボンズカジノ
コンクエスタドール
カジノレオ
bcgameカジノ
ワンダーカジノ
7spinカジノ
ラッキーニッキー
プレイオジョ
ビーベットカジノ
ステークカジノ
カジ旅
カジノミー
プレイアモカジノ
ナショナルカジノ
dora麻雀
20bet
ラーメンベット
カジノスカイ
ワンバイベット
キングスオブスポーツ
ルーベットカジノ
営業を終了したオンラインカジノ
エルドラード

オンラインカジノその他

オンラインカジノとはについて。

1オンラインカジノ
2ゲームやライセンス
3オンカジの違法性日本語サポート
4入金方法出金方法還元率攻略法
5オンカジのメリット

1オンラインカジノ

オンカジの違法性の話を掘り下げてます
オンカジの入金出金の話

マカオやラスベガスや香港などにカジノがあるのをご存知の方も多いと思います。そんなカジノをオンラインに持ってきたものがオンラインカジノです。オンラインでもランドカジノのようにお金が賭けられます。

ゲームではないのでもちろん大金であっても勝てればちゃんと引き出せます。テーブルゲームがカジノという感じがしますよね。ブラックジャックやバカラやルーレットなども当然のように遊べます。

スロットというとランドカジノではどちらかというと庶民向けでしたがオンカジでは数千倍から万を超える配当もあるのでベット額が大きければ億も狙えるかもしれません。

スロットではそういった高配当が狙えるジャックポットもあったりで魅力があります。やはりカジノというとディーラーとのやり取りが一番の楽しみという人もいますがライブカジノならそういう人でも楽しめそうです。

海外では数千のオンラインカジノというのが立ち上がっていますがその中でもしっかり日本語対応して日本人スタッフが日本語サポートしているカジノも増えてきました。

利用するかどうかというとやはりちゃんと出金されるとかゲームにイカサマがないなどの安心感がないと利用したくないと思いますしそれらについて解説をしていきます。

オンラインカジノはスマホやパソコンでカジノゲームができますがただのゲームではなくて現金を賭けて勝てれば現金を出金できます。まずは利用したいカジノを探して登録します。

2ゲームやライセンス

オンカジには銀行入金やクレカ入金などをすることができます。登録ボーナスがあればそれでもゲームができますし基本は現金でゲームをする形です。スロットにルーレットにバカラにブラックジャックなどカジノっポイゲームはそろっています。

生の臨場感が良ければライブカジノもいいですし好みのスポーツに賭けられるスポーツベットができるカジノも増えています。勝ったら出金もできますしそのお金で更にゲームをして増やすのもいいです。

簡単な登録を最初にするだけなら数分で終わりますし入金不要ボーナスという登録ボーナスがもらえるカジノも多いのでまずはそれで入金せずに遊んでみるのもいいと思います。

あとはどんな会社が運営しているのかがわからなくて怖くて入金なんてできないというのはあるかもしれません。海外のオンラインカジノはちゃんとしたところは海外ライセンスをもっています。

カジノなんて勝手にできるものではないので国が監査をしてライセンスを発行しているのです。その監査で不正が行われていないかとかちゃんと出金ができるように財務状況も監査されています。

国の行政がおすみつきを与えるので日本のパチンコ店と同じくらいの信頼度はあると思うのです。海外では上場しているオンラインカジノまであるくらいです。

海外ではカジノ会社は優良企業として認知されていてサッカーチームのスポンサーをやっていたりカジノがCMで紹介されているくらいです。日本でもオンカジの無料版のCMが深夜テレビやラジオ雑誌などで扱われているので見たことがある人も多いと思います。

3オンカジの違法性日本語サポート

オンラインカジノであっても日本に会社があるオンカジは国の許可を受けていなければ違法です。実際に日本のオンカジ運営者は逮捕有罪になっています。

利用者も厳重注意になっていたので気をつけましょう。オンラインカジノは海外の会社である限りは日本政府の規制対象外となっています。あとはたくさんあるオンラインカジノ中でどこを選ぶのかというのがあると思います。

少なくともライセンスを取得して運営しているオンラインカジノを利用しましょう。ライセンスなしであれば非合法ですしイカサマや出金できない詐欺に巻き込まれる可能性があります。

ライセンスと同時に優良なカジノは第三者機関というところの監査を受けています。NPOなどが多いですが第三者がしっかり監査をしてカジノ業界を健全に導いてきています。

できればイーコグラなどの第三者機関の認証があるオンカジのほうがより安心だと思います。あとは日本語サポートがしっかりしているところを利用しましょう。

中にはページが日本語表示なっていても日本語の堪能なスタッフがいないところも多いです。このようなところだと翻訳ソフトで翻訳したようなカタコトの日本語で来るので意思疎通が難しいです。

なかにはサポートがまともにされなくて悪質なオンカジもあるのでできれば事前に評判は調べたほうがいいでしょう。できれば歴史があるようなオンカジのほうが安心感はあります。

4入金方法出金方法還元率攻略法

まずは登録したらどの入金方法を使うかというところからになります。クレカや銀行振込などすぐに使えるものを使う方が多いです。クレカは出金ができないので他の方法を準備しないといけません。

オンカジの入金方法や出金方法は使えなくなったりということもあるのでできれば複数種類の方法をすぐに使えるように準備したほうがいいでしょう。基本は銀行振り込みがいいですがそれ以外なら電子ウォレットなどもいいと思います。

オンラインカジノはすぐに始められる手軽さがまずいいです。簡単なとうろくだけですぐに始められるのがいいです。登録ボーナスがもらえるオンラインカジノが多いですのでぜひ活用していきましょう。

オンラインカジノというと還元率がとても高いところがいいです。競馬やパチンコ店で還元率は80%ですから稼ぎやすさはオンカジがダントツです。宝くじにかぎっては還元率は半分を切るので勝てるとは思えません。

オンラインカジノはパチンコ店のように人件費も土地代も台の費用もソフトならそんなにかからないから還元率を高くできるのでしょう。プレイができるギャンブルで一番部がいいのがオンカジになると思います。

ルーレットやバカラやブラックジャックなどは攻略法をつかったプレイもできます。攻略法といっても絶対に勝てる方法など存在しないので負けないように立ち回るものですが。

マーチンゲール法など負けたら賭金2倍などの簡単な方法を利用していくといいでしょう。攻略法に関してはオンカジの規約では違反になっていないので使うことができます。

5オンカジのメリット

オンカジはパチンコ店とちがって24時間遊べるのはいいですよね。ゲームの種類も数千種類あって選ぶのが大変なくらいです。ライブカジノは現地カジノとビデオで接続しているので本物のカジノが自宅でプレイできるわけです。

オンカジのスロットもパチスロ風になってきているので日本人でも違和感がないものが増えています。パチンコ店にはない高配当で億単位の賞金が一晩で手に入ることもあります。

ジャックポットは配当が爆裂しますが運がいいと働かなくてもいい人生がまっているかもしれません。最初の初回入金ボーナスが豪華なカジノが多いですがいつも入金ボーナスが貰えるカジノが多いところもいいですね。

大金を稼いでしまったら税金を払わないといけない嬉しい悩みができます。50万以上稼げてしまうと税金を払う必要がある対象の可能性がでてきます。個人の状況で違いますので税務署に相談するのもいいです。

オンカジは18歳からあそべるところや20歳から遊べるところなどいろいろです。微妙な年齢のかたは調べたほうがいいと思います。というか生年月日の登録で弾かれると思います。

おすすめできるというと日本人利用者が一番多いベラジョンなどかもしれません。同じ会社が運営しているインターカジノや遊雅堂もおすすめです。遊雅堂は通貨が円ですので為替手数料がかからないのがいいです。

1オンラインカジノはランドカジノをオンラインにしたもの
2スロットやテーブルゲームがライセンスありで畝iされてます
3海外のオンカジは違法性がない日本語サポートの充実したカジノを選ぶ
4銀行振込やクレカが使える還元率は驚きの97%
5オンカジのメリットは時間を問わないしありえない高配当です

オンラインカジノその他

オンラインカジノの攻略法必勝法について。

1オンラインカジノの攻略法
2攻略法の特徴
3攻略法の使い方

1オンラインカジノの攻略法

オンカジ全般の解説

オンラインカジノで勝てそうな攻略法や必勝法を探している人は多くいると思います。オンカジももちろん商売なので利用者が確実に勝てる方法などは存在しません。

オンカジの攻略法というとベット額を調整して負けないように立ち回る方法ではあります。勝つための方法ではなくて負けないための方法です。もちろん規約違反で運営に禁止されているものではありません。

勝ち負けに応じてベット額を調整するものです。大きく勝てる方法ではないとはいえ勝ち逃げすればそれなりの収益になりますし負けているときに使えば負けを取り戻せたりします。

もちろん大きく勝つには大きな資金力もいりますが通常利用なら確率的にはそこまで資金はいらないものになります。攻略法も種類がありますのでまずはどれを使うかです。

ゲームとの相性もありますので間違えると全く勝てないということにもなります。攻略法を紹介しながら使い方はどうすればいいのかというのを解説していきます。

攻略法で負け続けていたとしても一度勝ちさえすれば負けが取り戻せるようなものは存在します。攻略法によってはリスクもあるのでうまく活用するためになれも必要になるでしょう。

オンラインカジノの攻略法といってもベットシステムと呼ぶ人もいるくらいです。一般的な攻略法というと確実に勝てるなのかもしれませんが。そんな物があると運営が規約で封鎖してしまうのでやはり実現できません。

2攻略法の特徴

やり方としては勝ち負けに応じてベット額を増やしたり減らしたりというのを繰り返すことになります。なんとなく賭けているよりは収支の安定化ができます。

もちろん攻略法を使っても負け続けて勝ちを拾えないとやはり負け続けるというのはあると思います。まずは攻略法にどんなものがあるかをしって行楽法と相性のいいゲームを覚える必要があります。

覚えるといっても対処表などを準備してもいいですが。それか特定のゲームしかしなければ覚えるのは簡単です。相性としておおきいのはまず配当の倍率です。

あとは攻略法の勝率やゲームごとの最小ベット額や最大ベット額などです。まずは特に有名なのがマーチンゲール法です。負けたらベット額を2倍にします。

簡単ですが負け続けるときもあるので資金が必要な場合もあります。パーレー法というマーチンゲールと逆をする方法もあります。グランパーレー法というベット額をさらに増やす方法もありますが稼ぎやすいけどおおまけもしやすいです。

モンテカルロ法というと数列をメモする方法もあります。ベット額はそこまで高くないですが面倒というのはあります。ここも法は前回と前々回のベット額をプラスして賭けます。

3攻略法の使い方

勝つと大きいですけど負けると大変ではありますね。ウィナーズ法も数列利用してベット額を増やすものです。持っている資金の10%を賭ける10%法というものもあります。

31ドルを9個に分けてベットする31システムというのもあります。212をユニットにしてベットする212法というのもあります。666ベット法などもあります。

とにかく種類が多くて複雑なものも多いです。まずはマーチンゲール方法は簡単なのでそれだけでも覚えて使用するのがいいのではないでしょうか。ルーレットでもバカラでもブラックジャックでも使える方法です。

オンカジの攻略法というとゲームと攻略法の組み合わせがまず大事になってきます。攻略法も負け続けていると資金の投下が続くのでどこまで許容するかです。

複雑なものは利用しにくいのでやはりマーチンゲール法などの簡単な仕組みのものがいいです。オンラインカジノはログインなしでゲームをクリックすると無料版として使えるところもおおいです。

無料版で攻略法を練習して実践に望むということでもいいと思います。攻略法は負けているときに利用して取り戻してもいいですしうまく勝ち逃げして収益を得るというのも方法です。

1攻略法はベット額を調整して負けにくくするもの
2攻略法の特徴として資金力がいるものや数列を使い面倒なものも
3攻略法の使い方は負けの取り戻しと勝ち逃げにいい

オンラインカジノその他

オンラインカジノの入金方法出金方法について。

1入金方法出金方法
2クレカ電子ウォレット仮想通貨銀行
3電子ウォレット
4入金できない出金できない

1入金方法出金方法

オンカジ全般の解説
オンカジのゲームの攻略法について
オンラインカジノで遊ぶときにはまずは入金方法や出金方法を知りたいという人も多いと思います。登録のまえにどんな方法で入金出金ができるかを確認しておきましょう。

もちろん登録するカジノによって使える入金方法使えない入金方法というのがあるのですが。そのなかでも安心で使いやすい方法をつかっていくといいです。

基本的なところで銀行振込やクレジットカードや電子ウォレットに仮想通貨などを利用できるところが多いように思います。まあ銀行口座の情報やクレカの番号などをオンカジで登録して大丈夫だろうかというのは思う人もいると思います。

まず最近のオンラインカジノでは入金も出金も簡単にできるようになっています。あとはセキュリティなどがどうなっているかが知りたいと思います。セキュリティに関してはライセンスを持っていることで監査の対象となっています。

国の行政が監査をしているので入金出金でのセキュリティの安全性は保たれているといってもいいでしょう。ライセンスを持っているオンカジは行政だけでなく第三者機関の監査を受けているところも多いです。

監査をされて承認されているのが銀行振り込みクレジットカードや電子ウォレットや仮想通貨などになっているというところがあると思います。特に銀行振込やクレジットカードなら新規申し込みなしに使える人が多いと思います。

入金方法としてよく使われるのは銀行振込やクレジットカード入金などです。出金でよく使われるのは銀行振り込みです。電子ウォッレットの中でもペイズやベガウォレットはどこでも対応してますし使う人はいます。

仮想通貨は相場の変動も激しいので難しいせいかほとんどの利用者は使っていないようです。銀行振込入金でも種類があります。バウチャー購入というものだと使える銀行に制限があって手数料も7%くらいかかりますがすぐに入金反映されます。

普通の銀行振込で入金すると手数料は振込手数料だけだったりしますが理行時間中しか送金されないので翌日や翌週になったりします。銀行出金も手数料がかかることもありますしやはり着金は数日かかることが多いです。

2クレカ電子ウォレット仮想通貨銀行

クレジットカードに関してはvisa、jcb、マスターカード、アメックスなどが使える感じです。入金手数料は2%くらい為替手数料や海外事務手数料がかかって6%くらいになることもおおいです。

そのかわりクレカはすぐに入金反映されるとことが多いです。出金はできないので他の出金方法を準備するしかないです。電子ウォレットではペイズやベガウォレットがよく使われます。

電子ウォレットは入金手数料や出金手数料がかからないことがおおいですが銀行とお金のやりとりをすると手数料がかかります。入金や出金はすぐに反映するのがいいです。

口座を一度つくると面倒なく使えます。銀行とのやり取りが入る分入金や出金の工程が増えるというのはあります。ペイズやベガウォレットで入出金をして全部のオンカジを一本化して管理している人も多いです。

仮想通貨に関してはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなど主要通貨が使えるところはおおいです。入金出金手数料は無料ですが仮想通貨口座からの資金移動の手数料が高いです。

入金出金ともすぐに反映しますが口座を作成して利用するハードルは高いと思います。使いやすいものを使えばいいですがやはり銀行振込かクレカの利用が多いと思います。

銀行口座やクレジットカードは本人名義のものしか許されません。クレジットカードと言いながらもデビットカードやプリカも一応使えるようにはなっています。

ただクレカ全般に使えるかは使ってみないとわからないというのがあります。昨今ではクレカの会社がオンカジでの利用を停止していることも多いので別のクレカを使うか別の入金方法を使うかということになってくると思います。

家族の口座やクレカで入金を試みたりするとアカウントが凍結されるリスクがあるのでやめましょう。電子ウォレットの口座や仮想通貨の口座でも他人の口座を指定するとアカウント凍結です。

3電子ウォレット

電子ウォレットというと日本ではほとんど馴染みがないですがわりと海外でもけっこう使われています。ペイズに関してはイギリスの会社で上場しているくらいの会社です。

イギリスの金融庁のようなところに監査されているのでわりと安心して利用はできると思います。海外では150国以上で使われているようです。銀行入金やクレカ入金などで入金ができます。

ベガウォレットも手数料が安いという点で利用されたりもします。あとはベガウォレットに出金するとポイントがもらえるので最近ではペイズよりも利用者が多いという話もあるくらいです。

ベガウォレット内ではポイントで管理しているので入金方法は銀行振込はできますがクレカ入金ができないのは改善されていないようです。ポイントが増えるイベントもあるのでうまく使うと強いかもしれません。

アイウォレットというのもあります利用できるオンカジもある程度ありますし日本語対応はしっかりしています。それでもメンテナンスが多いことに評判はおおいですね。

以前は長期メンテナンスでかなり長期間入金出金ができなかったこともあるのでそういう点での評判もよくないと思います。マッチベターというのもありこちらも日本語対応はしています。

利用者が少ないのはマッチベター自体の入金出金の制限が多いことだと思います。スティックペイというのも一部では利用されています。海外のサービスではFX関連の会社でもで導入はされています。

銀行振込に対応しているところも出金だけのところも多いですが最近は入金ができるところも増えています。出金に銀行振込が使えないところも多く存在しています。

海外銀行送金のところは手数料や時間もかかりますので国内銀行送金でやりとりできるところを利用しましょう。そうでなくても通貨が円以外だと為替手数料がかかるところが多いです。

4入金できない出金できない

ペイペイ銀行とかUFJ銀行とか楽天銀行とかネットバンクのところにも多く対応しているので使いやすいところを使っていきましょう。入金できないとか出金できないとかでよくトラブルになるのもオンラインカジノです。

よくわからないときには最終的にはサポートに相談することになります。なのでサポートの評判がいいことがオンラインカジノを選ぶ上でとても重要になってきます。

みんなが利用している有名なところはたいてい大丈夫ですが口コミはよく確認しましょう。特に出金できない場合はボーナスを使用したプレイの時が多いのでルールや規約をしっかり確認しましょう。

入金方法や出金方法を選ぶときに何を基準に選ぶのかは人それぞれというのはあると思います。時間や手数料というのも大きな基準になってくると思います。

入金方法や出金方法が同じでもオンカジが変わると少し操作も違ってくるかもしれません。基本的には入金方法と出金方法が同じであることを求められるカジノは多いですね。

入金するときには利用しているカジノにログインして始めていきます。入金ボタンから入金方法を選んで入金額を設定する。入金の口座情報を入寮して入金ボタンを押すと時間を経過して入金が反映されます。

出金するときにも利用しているカジノにログインして始めていきます。出金ボタンから出金方法を選んで出金額を設定します。出金講座の情報を入力して出金ボタンを押します。

あとはオンカジの運営の出金審査に入ります。数時間で終わることもありますが標準が1営業日くらいですがそれ以上かかることもあります。どのオンラインカジノをつかってどの入金方法と出金方法を使うかというところだと思います。

わりとネット通販で買物をするように決済は終わるで難しくはないかと思います。人それぞれに合うものは違いますがやはり銀行振込やクレカが多く使われるというのはあると思います。

1入金方法出金方法は銀行クレカ電子ウォレット仮想通貨
2入金方法出金方法で特性は違うのであうものを選ぶ
3電子ウォレットは日本では馴染みがないですがよく使われてます
4入金できない出金できないは最終的にサポートに相談する

オンラインカジノのごとの入金方法出金方法のまとめ
クイーンカジノの入金方法
クイーンカジノの出金方法
ミスティーノの入金方法
ミスティーノの出金方法
エースカジノの入金方法
エースカジノの出金方法
ベラジョンの入金方法
ベラジョンの出金方法
ジョイカジノの入金方法
ジョイカジノの出金方法
テッドベットの入金方法
テッドベットの出金方法
プレイワールドの入金方法
プレイワールドの出金方法
トラストダイスの入金方法
トラストダイスの出金方法
フレッシュカジノの入金方法
フレッシュカジノの出金方法
遊雅堂の入金方法
遊雅堂の出金方法
カジノシークレットの入金方法
カジノシークレットの出金方法
エルドアカジノの入金方法
エルドアカジノの出金方法
インターカジノの入金方法
インターカジノの出金方法
カジノデイズの入金方法
カジノデイズの出金方法
ピナクルの入金方法
ピナクルの出金方法
エンパイアカジノの入金方法
エンパイアカジノの出金方法
スポーツベットioの入金方法
スポーツベットioの出金方法
カジノエックスの入金方法
カジノエックスの出金方法
コニベットの入金方法
コニベットの出金方法
ウィリアムヒルの入金方法
ウィリアムヒルの出金方法
ロトランドの入出金方法
ビットカジノの入金方法
ビットカジノの出金方法
ライブカジノハウスの入金方法
ライブカジノハウスの出金方法
ボンズカジノの入金方法
ボンズカジノの出金方法
コンクエスタドールの入金方法
コンクエスタドールの出金方法
カジノレオの入金方法
カジノレオ出金方法
bcゲームの入金方法
bcゲームの出金方法
ワンダーカジノの入金方法
ワンダーカジノの出金方法
セブンスピンの入金方法
セブンスピンの出金方法
ラッキーニッキーの入金方法
ラッキーニッキーの出金方法
プレイオジョの入金方法
プレイオジョの出金方法
ビーベットの入金方法
ビーベットの出金方法
ステークカジノの入金方法
ステークカジノの出金方法
カジ旅の入金方法
カジ旅の出金方法
カジノミーの入金方法
カジノミーの出金方法
ナショナルカジノの入金方法
ナショナルカジノの出金方法
ドラ麻雀の入金方法
dora麻雀の出金方法
20betの入金方法
20betの出金方法
ラーメンベットの入金方法
ラーメンベットの出金方法

オンラインカジノその他

オンラインカジノのライセンスについて。

1オンラインカジノのライセンス
2ライセンスの違い
3第三者機関
4その他の監査機関

1オンラインカジノのライセンス

オンカジ全般の解説
不正撲滅の歴史

オンラインカジノというと世界的にみると数千もあるようです。それだけあればちゃんと運営をしてないカジノも多く存在するわけです。上場会社のオンカジもありますが出金がされないオンカジもあります。

悪質なオンカジから利用者を守る制度としてうまれたのがラインセンス制度です。同時に健全な運営をしているオンカジを守るためでもあると思います。悪質なカジノのせいで健全なオンカジがわりを食ってはいけません。

この記事ではライセンス制度がどのようにオンラインカジノ業界の健全化を支えているのかを解説していきます。ライセンスだけにとどまらず第三者機関の監査の影響も大きいと思います。

ライセンス機関の監査や第三者機関の監査のおかげで不正が行われていない状態に保たれています。新しいオンカジで遊ぶときにはライセンスがあるなど監査がある程度厳しいオンカジを利用するのが悪質な被害に合いにくいコツだと思います。

利用者としても厳しい目線で利用するオンカジを選んでいかないといけません。オンカジの運営会社や決済会社やゲームの納入会社ライセンスを発行している行政や第三者機関などオンカジをプレイするだけで様々な会社と関わっています。

まずオンカジというのはライセンスを所持していないと運営国でも合法ではありません。どこの国でもそうですがカジノなんて一つの企業がかってに作っていいものではないです。

少なくともその国でラインセンスを受けていないとその許可すら持っていないわけです。ライセンスを取得せずに運営しているオンカジなんて出勤できなくても仕方ないようなカジノです。

まずオンカジを選ぶ場合には少なくともライセンスを持っているかが基準になると思います。次にライセンス国によって監査が厳しいところとそうでないところがありますので。

2ライセンスの違い

できれば厳し目のライセンス国のほうが安心です。ライセンスを持っているというのは審査を通過していますし多額のライセンス料に耐えられる財政状態であるのだと思います。

ライセンスを取得していないようなカジノで遊ぶのは詐欺にあってもしかたないレベルと認識したほうがいいと思ったほうがいいでしょう。次にらいせんすさえあればどこでも安心とは思えないことがあるという問題です。

お金だけ払っていれば監査をしない国もありますし自国のライセンスの権威を保つために厳しい監査をして通過したオンカジだけを認定している国もあるのです。

診査の厳しいライセンスとして一番挙げられるのはマルタライセンスになります。一番厳しいと言われるマルタ共和国のライセンスです。ライセンスを取得したからといって安心ではなく抜き打ち検査をしまくりです。

マルタライセンスは5年有効ですがその途中の監査で引っかかるとライセンス剥奪となります。特にこだわりがなかればマルタライセンスのオンラインカジノを利用するといいです。

ただ最近は最大入金額や最大出金額の自由度仮想通貨が入出金に使えないので自由度が低いと判断して他のライセンスに切り替えるオンカジも多いです。安心と制限は紙一重でもありますので。

最近多いのがオランダ領キュラソー島のライセンスです。ここもライセンス発行を初めて20年以上の歴史があります。ここは入金方法や出金方法で自由度もありますし監査も厳しいです。

監査では利用者のゲームのプレイデータを提出させて不正がないかを確認しているようです。カナワケというところのライセンスもあります。こちらもライセンス管理はしっかりしています。

3第三者機関

有効期限は2年と短めで更新のたびに監査はしています。ユーザーからの苦情をオンカジにあげることもしているので信頼のライセンスではあると思います。ジブラルタルライセンスもかなり権威の高いものです。

運用履歴がほぼないようなカジノでは取得できないライセンスというのは言われています。ライセンス料もかなり高いらしいので運営による経済基盤も求められます。

ジブラルタルライセンスを持っているオンカジは経営基盤が盤石なオンカジと判断してもいいとは思います。ライセンスがあるカジノは取得時の診査だけでなく監査もあったりもします。

それに加えて監査をしているのが第3者機関と言われています。第3者機関の監査を受けているオンカジのほうがより安心というのはあると思います。有名な第三者機関というとまずイーコグラがあげられます。

公正なゲームがしっかりされているか。利用者の苦情があれば対応しているか。出金の依頼は適切に支払われているかなどをみています。イーコグラは20年の歴史があるNPOになるようです。

20年の歴史もあるので審査内容が多岐にわたりしっかりと監査をしているという点でも安心できる機関です。どこのオンカジでもまず何かは修正をさせられるという状態になっているようです。

イーコグラが監査をしているオンカジでトラブルがある場合にはイーコグラに相談して改善をはかってもらうという方法もあるようです。うまくそのあたりも活用していくのがいいですね。

4その他の監査機関

GLIという機関もあります。Gaming Laboratories Internationalの略です。主にゲームに不正がないかをみているようです。自己規制プログラムの適切性もみているようです。

ここももともとはTSTという組織があってGLIに組み入れられた形で30年以上の歴史があります。オンカジだけでなくランドカジノの適切性なども監査しているようです。

こちらもゲームで不正がないかを確認していて世界のカジノの9割はここの監査で運営がされているようです。GLIの監査がはいっていれば安心して利用もできるのではないでしょうか。

iTech Labsというところもゲームの適切性を監査しています。こちらはオンラインカジノを含めたゲームの監査機関です。テュフ コンプライアントは製品などを含めた監査機関になります。

医療機器や自動車業界など幅広いジャンルで監査をおこなっています。GAMCAREはギャンブル依存症対策をを行うイギリスの民間団体です。ギャンブル依存症に悩む人のカウンセリングをしています。

GAMCAREのロゴがあるオンカジはギャンブル依存症対策に力をいれていて自己規制プログラムなどが備わっているオンカジです。GAMCAREはそういった部分での監査をしているようです。

オンラインカジノでは負けていると今でもイカサマを疑う人はおおいですがゲームの納入会社もしっかり監査をうけています。監査を受けていないゲーム会社も中にはありますのでそういったオンカジは避けたほうがいいでしょう。

1ライセンスがあるオンカジのほうが安心と言えます
2ライセンスの違いは監査の厳しさにあります
3第三者機関はNPOなどが多いですが監査はしっかりです
4その他の監査機関としていろいろな機関が関わっています。

オンラインカジノその他

オンラインカジノの歴史について。

1オンラインカジノの歴史
2ライセンスライブカジノスマホ
3ベラジョンと日本での普及

1オンラインカジノの歴史

オンカジ全般の解説
オンカジの違法性について

現在オンラインカジノでたくさんの利用者がいるのも過去の歴史で改善がすすめられてきたからあるというのはいえます。オンラインカジノの歴史で不正も駆逐されてきたことを知れば安心して登録もできるようになるのではないでしょうか。

初めてのオンラインカジノというと1994年になります。オンラインカジノができてから30年くらい前になります。でも利用者が大きく増え始めたのは10年くらい前からになります。

新聞や雑誌やテレビなどで取り上げられると利用者が急激に伸びるのは日本でも海外でも変わりがありません。日本で利用できるカジノで一番古いかなと思うオンカジはインターカジノで1996年からサービスをしています。

本格的にオンカジが広まったのはスマホ対応をした2010年以降ということになってくると思います。1994年からあるのだから改善というのもそうとうなものになっています。

イギリスの小国であるアンティグアバーブータという国でライセンスができたのが始まりです。カジノなんてどこの国でも国の許可なしに運営できないので国が監査して許可したカジノだけが運営できるようになりました。

今でも有名なマイクロゲーミング社がゲームを納入して始まったのが初めてのオンラインカジノになったと言われています。Gaming Clubというのが今でもありますがここが以前の名前のcasino.co.zaで運営していたものが世界で初めてになります。

この頃の連絡はチャットやメールでなく電話でされていたみたいです。銀行振込やクレカでなく現金の手渡しみたいだったようですね。casino.co.zaはもともと南アフリカでプレイができたオンカジです。

1995年にはクリプトロジックという会社がネット決済がでできるようにしました。オンラインカジノなのに店舗に出向いて現金で払うという馬鹿げた状態は終わりました。

2ライセンスライブカジノスマホ

1996年にはインターカジノが運営を開始しました。今でも有名なオンラインカジノですがこのころにはネット決済をしっかり導入していたオンカジになります。

それからオンラインカジノの利用者も増えていきます。この時点でオンカジは15サイトくらいですが1997年には200サイトくらいに激増しました。ジャックポットができて楽しみも増えましたし8億ドル程度の売上がある大きな業界になってきました。

このあたりで問題になってきたのはオンカジが増えたことで増えてきたイカサマや不正になります。イカサマや不正の被害にあったことで利用者がやめるということが増えてきました。

これは健全な運営をしているカジノにはただの災難です。そこでオンカジに不正やイカサマがないかを監視するための組織としてイーコグラというところができました。

現在でもある組織ですが百以上のオンカジを監査していてイーコグラで監査されているオンカジなら大丈夫という路線ができあがりました。2010年にはライブカジノというのが配信されるようになりました。

マイクロゲーミングやエボリューションゲーミングが提供を始めたのが始まりになります。これまではコンピューター相手のただのテーブルゲームだけでした。

やはりランドカジノとビデオでつながっているとはいえ臨場感のある本物のカジノが自宅でプレイができるようになったことでとても人気になりました。このころから携帯電話対応が始まった外出先でもプレイができるようになりました。

ただの携帯電話だけでなくスマホに対応するようになってきたのでより快適にプレイができるようになってより人気になったというのも言えると思います。

3ベラジョンと日本での普及

日本で一番利用者が多いと言われているベラジョンは2011年に営業を開始しました。このころはスマホ対応も始まって利用者もふえていましたが使いにくいという声はまだかなりあったようです。

それを改善していき使いやすいということで評判になったのがベラジョンだと言われています。日本だけでなく海外でも人気になったオンカジで実質世界に広めたオンカジとも言えるのではないでしょうか。

日本でいつ頃広まったかというと2020年のコロナ禍ということになります。まだ記憶にも新しいですが当時はパチンコ店の営業にもかなり嫌悪感を感じる方も多かったように感じます。

パチンコ店が休業していても休日にはギャンブルをしないと気がすまないというのも多くいると思います。そういった人たちを後押ししたのがオンカジではないでしょうか。

ネットで調べて見つけるひとやラジオや雑誌深夜帯のテレビでのCMもあったので利用者を増やしたと思います。コロナ前と比べると利用者が百倍に増えたという声があります。

オンカジの歴史としては1994年が始まりで不正やイカサマが多かったところからライセンス制度や監査機関ができてより安心してプレイができるようになってきました。

ライブカジノができたとかスマホに対応したというのも利用者が増えるのに貢献していると思います。世界的に考えるとパチンコ店ではなくオンラインカジノの流れだと思います。

1オンラインカジノの歴史は30年前からある
2ライセンスライブカジノスマホ対応が利用者を増やした
3ベラジョン開始と日本での普及があって現在に至ります

オンラインカジノその他

オンラインカジノの違法性合法性について。

1オンラインカジノの違法性
2オンカジ違法の政治
3オンカジの逮捕
4賭博罪について
5裁判にならないオンカジ
6オンカジの現状

1オンラインカジノの違法性

オンカジ全般の解説
オンカジのライセンスの話
日本では警視庁が違法だと言っているのだから違法なんだろうというのはあります。それでも誰一人として有罪にならないことにとても違和感があります。

この記事ではオンラインカジノが違法と発信される理由などを考えて行きたいと思います。少なくとも警察が違法としている以上は逮捕される可能性はあります。

略式起訴は有罪ではないですが前科はつきます。オンラインカジノが犯罪かどうか裁判で決着をつけてほしいですが検察が不起訴にしたことしかない以上有罪犯は誰もいなくても犯罪といい続けるのだと思います。

少なくとも今の日本ではオンラインカジノを違法とする法律はないです。賭博罪は昔にできた法律なのでオンラインカジノに対応していません。賭博罪の条文では賭博の胴元を捕まえる法律で利用者も軽い罰金にするのが主旨のようです。

なので検事からすると起訴しても有罪に持ち込めないと判断しているようです。警視庁が犯罪と言っているのは法律の拡大解釈によるものだと思います。

もちろん裁判をしていないのだからまだ海外オンカジのプレイヤーが有罪になる可能性は0ではないと言えますけど。警察の一連の動きはパチンコ業界が政治家に圧力をかけてのものだと思います。

献金しているパチンコ業界がパチンコ業界を保護しろといっている。政治家はそのために警察を動かしている。最近の警察の動きはジャニーズ関連の事件を含めておかしいと思います。

2オンカジ違法の政治

政治家は有権者にジャニーズのコンサートのチケットの融通などを裏でやっているという噂もありますね。警察がジャニーズの問題で操作をしないのはそれが理由ではないかと言われています。

今度はパチンコ業界のために裁判官にオンラインカジノのプレイヤーに有罪判決をださせるようなことがあれば政治家の癒着っぷりがひどくて日本も落ちたものだと思えます。

今後オンカジのプレイヤーに有罪判決が出されるか要注目だと思います。それでいて大阪ではカジノを推進していますし。おかしな国だとは思います。

今のところ海外オンラインカジノを禁止するために新しい法律を作ろうとする動きもないですね。海外オンカジも海外では合法ライセンスを受けています。

日本政府が妨害するなら国際司法裁判所に自由貿易の妨害で訴えるとしているオンカジもあります。このあたりもどんな動きがあるのか注目ですが。

オンラインカジノが知れ渡ったのは2022年5月のコロナウィルスの給付金の誤振込で4500万以上が振り込まれてさらにオンラインカジノで使ってしまった少年がいたからですね。

結果としてはオンカジ業者3社くらいが返還して返却はされましたね。この事件で一般に広まって利用者が増えたせいか警視庁がオンラインカジノが違法と発信を始めました。

3オンカジの逮捕

実際に裁判で一人も有罪になったことはないのに法の番人ではない警察が違法と発信するのもおかしな話です。ただ賭博罪に関していうと50万以下の罰金になります。

略式起訴になったときも罰金はこれを参考に決められるのではないでしょうか。常習賭博の場合は3年以下の懲役。賭博場の運営も5年以下の懲役になっています。

海外のオンラインカジノが昔の法律である賭博罪に該当するかがずっと争われています。そもそも海外で運営されているオンラインカジノは日本の法律を守る必要もないので違法賭博運営と言われる筋合いもないわけです。

オンラインのサービスは昔の法律では合わないので法律を改正するべきですがなぜか政治家はやりませんね。いまのところ裁判結果もでていないので法律の拡大解釈をすれば違法になりますしそうでない人は合法といっています。

少なくとも警察がいっていると国民に対しては圧力は強いです。今まで有罪になった事例は一つもないですが無罪の逮捕でも警察官は処分されないのでとにかく警察は強いです。

2016年のスマートライブカジノという事件でひとりは不起訴無罪になりましたがそれ以降は一度も裁判は行われていません。今までの会社はこの事件をもとに解釈されているところは大きいです。

まだ誰も有罪になっていないからオンラインカジノは違法ではないという解釈です。少なくとも海外のオンカジ業者は海外の会社は裁くのが不可能です。

4賭博罪について

そもそも犯罪は二人以上でないと成立しないのでオンカジのプレイヤーは裁くことが難しいということですたとえ日本人で日本にいても。たとえ海外に相手がいても賭博罪は成立するといっている弁護士もいます。

それに関していうと個人の考えでしかないとおもうので裁判で決着してほしいというのがあります。でもこれが成立すると日本人が海外にいって現地カジノで遊んで戻ってきても犯罪者になってしまいます。

これが犯罪だとするとツアー会社が賭博扶助で裁かれることになります。政治家としては献金をしてくれる旅行団体が犯罪者になってしまうので非常に不都合です。

パチンコ業界を立てるか旅行業者の団体を立てるかの問題になってきます。海外ツアーでカジノで遊ぶと賭博罪になるか裁判もしてほしいですが。たぶん検察は不起訴にしてしまうと思いますが。

警察や政治家が違法にしたくてもできていないものだしグレーと考えるのが適切ではないでしょうか。オンラインカジノのプレイヤーを犯罪者というとオンラインカジノからすると名誉毀損なわけです。

少なくとも海外でライセンスを取っていて合法的に運営されている問題のない会社ですので。スマートライブカジノ事件でもスマートライブカジノは利用者の減少で倒産しています。

日本のプレイヤーで生計を立てているカジノにとっては死活問題ではあるのでしょう。スマートライブカジノ事件でもそうですがプレイ内容をブログやSNSで公開していたのが逮捕に繋がっています。

5裁判にならないオンカジ

すくなくとも利用者のIDなのがわかるようには配信しないほうがいいと思います。オンラインカジノでも日本に運営があると運営が逮捕有罪になっています。

このときの利用者は厳重注意になっています。オンラインカジノの決済代行業者の逮捕というのは以前もありましたしスモウペイの事例もあります。

公務員が勤務中にオンカジをしていた事例とか京都府警の警察官がオンカジを利用した事例もありましたが書類送検だけです。略式起訴のほうが罰金があって重いので身内の公務員に甘いと言わざるを得ないでしょうね。

少なくとも運営が日本にあるオンカジは利用者も刑罰の対象になるのでしっかり海外カジノであることは確認しましょう。しっかりした海外ライセンスのオンカジでないと出金できないトラブルになりやすいでしょう。

そもそも日本でもオンラインカジノを合法化して日本のパチンコ台メーカーがオンカジのゲームを提供すればいいような感じはします。パチンコ店のチェーンがサービスを運営すればいいでしょう。

ラブホテルや風俗店を風紀が悪いので繁華街から追いやりつつあるので駅前にあるパチンコ店とかも十分風紀は悪いと思います。ギャンブル依存症対策ならオンカジでも運営時間を規制すればいいですし。

6オンカジの現状

アイドルや格闘家セクシー女優まで有名な方やYouTuberもオンカジの広告塔になっています。アフィリエイターも賭博扶助といえなくもないですが契約書なんてないですので不透明です。

逮捕されるなら広告塔の芸能人の方やYouTuberが先でしょうね。海外オンラインカジノのプレイヤーで有罪になったひとはいません。それでも警察に逮捕されないとは言えないと思います。

ブログやSNSYou Tubeで実況などはしない。警察の逮捕が目立つならプレイをやめたほうがいいかもしれません。裁判で正式に有罪判決が出てもやめたほうがいいでしょう。

パチンコ店のパチンコやスロットで出玉がでなくなってつまらなくなったのが大きな原因でオンカジのプレイに繋がっているようにも思います。しかも日本のパチンコ店の還元率は80%くらい。

オンカジの還元率は平均97%ですからね。還元率の恥ずかしい日本のパチンコ店を産業的に保護していくのもおかしいと思います。今でも日本の政治家と業界の癒着っぷりが激しくなってひどくなる日本に憂鬱になってきてますがオンカジでしっかり憂さ晴らしをしていきましょう。

1オンカジは違法と違法でないの膠着状態
2政治的には海外のオンカジは違法にしたい
3オンカジの逮捕については利用者でもある
4賭博罪は海外オンカジで成立は難しい
5オンカジでは逮捕者がでても裁判になりません
6オンカジは注意が必要ですが法的変化はなさそう